弁護士紹介の今後の流れ<電話面談>

電話面談の場合の
弁護士プロフィールご提示後の流れは、
大まかに(1)~(5)のようになっております。

(1)お客様のご意向の確認 ≪現在はこの段階です≫

・弁護士と実際に<電話面談されるか>を確認させていただきます。

・「電話面談」とは、顧問弁護士としての相性確認の目的で
弁護士とお電話でお話いただくこと
を言います。

・面談希望のご連絡をいただくまでは
貴社の個人情報は弁護士に伏せてあります。

(2)弁護士との電話面談日時の設定

事務局が電話面談の日時を調整いたします。

・「初回面談」とは、以下のいずれかの目的で
弁護士と「対面」「オンライン」「電話」にて面談いただくことを言います。

-顧問弁護士としての相性確認や人物評価、相談内容の確認や弁護士費用の確認(無償)
-具体的な法的問題のご相談(有償の法律相談、オンラインや電話:5,000円/30分、いずれも税別)

*「相性確認」と「法律相談」を同日に行うことも可能です。
また、「相性確認」をしてみて良さそうなら「法律相談」することも可能です。

(3)弁護士との電話面談

・あらかじめ決めさせていただいた日時に
直接弁護士にお電話をしていただきます。

・電話面談の所要時間は15分程度です。
(かんたんな法的問題のご相談も
「5分程度でしたら無償」で対応させていただきます。

・電話面談時に、有償の法律相談をしていただくことも可能です。
その場合は、5,000円/30分(税別、30分単位)にて承ります。
お支払いは事後に弁護士に直接していただきます。

法律相談料が実質無償になる場合があります
面談当日に有償で法律相談され
その後1ヶ月以内に顧問契約された場合、
1万円以内の初回相談料が実質無償となります。
(頂戴した相談料を初月の顧問料1万円に充当します)

・訴訟などを弁護士に委任する場合は、
法律事務所既定の費用が発生しますが、
費用について詳しくはご面談当日に弁護士にご確認願います。

(4)【ご希望者のみ】双方合意の上で顧問契約

・ご紹介する弁護士は月額1万円(税別)から顧問契約が可能です。
顧問料1万円なら毎月2時間分の法律相談ができます。

・「顧問料の料金体系」については以下をご参照ください。
顧問料1万円ページのご説明

顧問契約は、弁護士と直接していただきます
その際の「顧問契約書」はご契約時に弁護士よりご提示します。

(5)弁護士2名と電話面談し、1名の弁護士を断る場合

他方の弁護士への断りの連絡は事務局が代行いたします。
その旨、お申し付けください。

・また2名ともお気に召さない場合は、
別の弁護士をご紹介いたしますのでその場合もご連絡ください。
(ご紹介できる場合のみ)


以上でございます。
ご不明な点は事務局までお問合せくださいませ。

2020年2月20日

..