ホームドクターのような存在として、
いつでも・何でも相談できるのが顧問弁護士。
顧問弁護士活用のメリットについてご案内します。

顧問弁護士と長いおつきあいをしていくメリットはたくさんありますが、代表的なのは以下の4項目です。

実状を把握した的確な法的アドバイス顧問弁護士は、貴社の実情や経営者の考え方・人柄、現在に至るまでの経緯をあらかじめ理解しているので、相談をしたときにすぐに問題の核心に迫ることができます
また弁護士からのアドバイスも型どおりではない、貴社にとっての最適なアドバイスが期待できます。トラブルを小さな芽のうちに摘む法的な問題に限らず、すべての問題は小さな芽のうちに適切な対応をすれば、後にひけなくなるような大問題には発展しません
顧問契約を結び定期的に弁護士に相談をすることによって、発生した時点でトラブルを共有し、最適な対応をとることで、リスクを最小限にとどめることができます。
特に「新規事業を始める」「取引を拡大する」際には、経営者に法的な疑問点がなくても顧問弁護士には必ずお話しください。
思わぬトラブルを未然に防ぐ効果があります。社内外の信用が高まる取引先に対し「顧問弁護士からこう指導されています」とか「これは顧問弁護士に相談してみます」などと言えば、「あの会社は顧問弁護士を雇っているきちんとした会社だ」と、信用度が高まるに違いありません。
場合によっては「あの会社にはいい加減なことはできない」と思われることで、取引先をけん制することも期待できます。
一方、社内的には「当社は顧問弁護士を雇うようなちゃんととした会社なんだ」というよい雰囲気がうまれるでしょう。とてもお得

「困ったときにすぐに顧問弁護士に相談できる安心感は月額1万円には代えられない」
当会を通じて顧問契約されたある企業経営者の言葉です。
これだけの安心感が月々1万円で手に入るのですから
費用対効果を考えたら、顧問弁護士を雇うのは実はとてもお得なことなのです。

また顧問契約を結ぶと、弁護士は最優先でその顧問先企業の案件に対応しますので、急な問題が発生したときでも弁護士の迅速な対応を望むことができ安心です。

しかし、単に顧問弁護士を雇うだけでは、[宝の持ち腐れ]になりかねないのも事実です。
問題は、いかにして顧問弁護士の力を120%引き出すかにありますが、その答えはとてもシンプルです。
【弁護士となるべく多く話し合う機会を設ける】ことです。

弁護士と相談する機会が多ければ、小さなトラブルの芽を摘み、弁護士の貴社に対する理解が深まり、実情を把握した的確なアドバイスが受けられると、まさにいいこと尽くしです。

当会がご紹介する弁護士と顧問契約を結ぶと、顧問料1万円なら、毎月2時間法律相談
することができます。

ですので、顧問契約後は、弁護士と社内外の様々な問題について積極的に相談する機会を作っていただき、弁護士の力を最大限活かしていただければ幸いです。