顧問弁護士 費用・顧問料相場

顧問弁護士の費用・顧問料の相場は3〜5万円

中小企業経営者の皆様が気になる
顧問弁護士の費用や顧問料の相場は
3万円〜5万円と言われていますが

近年、顧問料1万円の当会をはじめ
弁護士顧問料は多様化の時代に突入しています

中小企業の顧問弁護士の相場は?

業務上のトラブルが起こった時、取引先が高圧的な態度をとってきた時など、「顧問弁護士がいたらいいのに…」と思ったことはありませんか。

しかし、「費用がネック。顧問料が高くて、ウチみたいな中小零細企業には無理…」と二の足を踏んでいる方がほとんどだと思います。

実際に、弁護士の顧問料相場は「月額3万円~5万円」と言われています

日弁連調査:顧問弁護士の月額顧問料「5万円」が過半数

中小企業月額顧問料グラフ
日弁連の調査によると、月額顧問料の相場は3万円〜5万円

少し前の調査ですが、日弁連によりますと、中小企業の顧問弁護士料は月額「5万円」が過半数の52.7%、次いで「3万円」が33.5% だそうです。

3万円以上が約95%で、2万円の回答はわずか4.9%。

なぜそんなに高いのでしょう!?

その理由は、長らく「顧問料は5万円以上」という日弁連の規定があり、この規定は平成16年に撤廃されたものの、現在も5万円を顧問料の基準にしている弁護士が多いからです。

月額5万円つまり年間60万円!

一般的な中小企業には相当高額な出費、そう簡単に顧問弁護士は雇えない金額ですよね。

もし顧問料が1万円だったら?

では、もし顧問料が1万円だったらどうでしょうか?
貴社でも手が届く金額ではありませんか。

実は、そうした中小企業・個人事業主の皆様のために「顧問料1万円」を実現するべく、当会L.A.P.中小企業顧問弁護士の会」は誕生しました。

当会なら、ご紹介するすべての弁護士が「顧問料1万円
(税込1.1万円)」にて顧問契約可能です。

弁護士の顧問料が1万円だったら、手が届く範囲と思いませんか
弁護士の顧問料が1万円だったら気軽に利用できそうと思えませんか?

顧問料1万円の顧問弁護士を無料でご紹介して13年

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会よりご紹介する弁護士は全員が顧問料月額1万円に対応しております。


当会の弁護士の最大の特長は、顧問料1万円であっても
法律相談や契約書チェックが依頼できること
です!

また全員が、弁護士キャリア10年以上のベテラン
気さくで親身になってくれるから話しやすい!

いざという時にすぐに相談できる安心を、顧問料1万円で実感してください。

【顧問料1万円】で何を依頼できる?

お客様に「当会の場合、弁護士の顧問料は1万円です」と申し上げると、多くの経営者は驚かれます。

そんなに安くていいんですか!?」と。

つまり、「相場が5万円なのに、たった1万円じゃあただの"お飾り"でしかなく、弁護士に何も業務を依頼できないのでは?」とお思いなのです。

ご安心ください!
顧問料1万円で下記のような業務を、毎月弁護士に依頼することができます。

弁護士紹介サイトを使って顧問弁護士を探すこともできます
当会の場合、弁護士顧問料1万円であっても、法律相談したり業務を依頼したりできます。

顧問料1万円で依頼できること

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会の顧問料1万円の特長、法律相談なら2時間分、契約書チェックなら2通程度依頼できます


いかがでしょう。貴社にとって、「この程度、弁護士を活用できたらいいな」と思える業務量ではありませんか?

実際に契約されたお客様からも、下記のようなご感想をよくいただきます。

"ちょっとしたことでも、分からないことはすぐメールや電話で顧問弁護士に相談できて本当に心強い"

"1万円の顧問契約でも、今まで自信のなかった契約書のチェックを弁護士に依頼できてとても安心!"

"1万円の顧問契約で、弁護士にお願いしたいことはほぼ間に合っている"

【顧問料1万円】で依頼できないこともある

当然ながら「弁護士に依頼したいあらゆる業務を、顧問料1万円でまかなう」ことはできません

たとえば下記の場合は、顧問料とは別に料金が発生します。

・顧問料の上限で決められた業務量を超えた場合
・契約書をゼロから作る場合
・訴訟の対応を弁護士に委任する場合 etc...

詳しくは別途ページを設けておりますのでご参照ください。
顧問料内で依頼できること・追加料金が発生すること

メモ
顧問料内で、依頼したいことがまかなえるかをあらかじめ確認するようにしましょう

弁護士顧問料自由化の時代〜格安顧問料が出現!

上述のように「顧問料が自由化」される中、当会の他に「月額数千円」で顧問契約できる法律事務所が、特に東京など大都市圏で続々誕生しています。

「安い!」と思わず飛びつきたくなりますが、そのサービス内容をよく確かめる必要があります。

具体的にはそうした格安顧問料の弁護士には、下記のような制約があることが多いのです。

  • 法律相談する費用は別料金(顧問料には含まれない)
  • 法律相談はできても、契約書のチェックは顧問料内ではできない(契約書チェックは別料金)
  • 弁護士の対応に時間がかかる

このように、「費用」や「依頼できる業務」、「弁護士との信頼関係の醸成」の面で制約のあることが多いので注意が必要です(お客様からよくお伺いするお話です)。

実際に「月額数千円の法律事務所は、何か依頼すると結局割高だったからやめた」というお客様も少なからずいらっしゃいます。

貴社は顧問弁護士に何を期待して、どんなサービスを求めていますか?

格安顧問料は魅力的ですが、契約前に、貴社が求めるサービス内容とのバランスを考える必要があるのです。

労働問題、トラブルで困っている経営者
せっかく契約したのに、「こんなはずじゃなかった」とならないように、契約前に「依頼したいこと」「必要な費用」をきちんと確認しましょう。

安価な顧問弁護士や安い弁護士サービスに興味はあるけど、いろんなサービスがあってよく分からない!」とお嘆きの経営者様!
メリット・デメリットを比較しながら、貴社に合ったサービスを選びたくありませんか?

\無料!経営者に合った顧問弁護士や弁護士サービスが選べる!フローチャート&メリットデメリット!/

実際に契約されたお客様の声

実際に、顧問料1万円で顧問契約された【お客様の声もぜひご覧ください。

そしてこの安心感を、月々わずか1万円の顧問料でどうか実感してください。

一方、「顧問料1万円で契約している企業は一握りだけなのでは?」そんなご質問も多くいただきますが、ご安心ください!約95%のお客様が「顧問料1万円(税込1.1万円)」でのご契約です(2021年実績)。

顧問料1万円でご契約の経営者様の声

顧問料1万円の顧問弁護士は 顧問料だけでなく「自分に合うか」で選ぶ!

✔︎本当に気さくで話しやすい
✔︎親身な対応、的確なアドバイス
✔︎心からの安心、相談してよかった

「こんな弁護士に出会いたかった!」
とのお声多数!


\ 弁護士全員 顧問料1万円!/

顧問弁護士紹介申込み

コーディネーターに電話で相談 03-6679-2076

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会よりご紹介する弁護士は全員が顧問料月額1万円に対応しております。
●一度に2名迄ご紹介 ●全国のお客様がご利用

ここまで見てきたように、当会なら、顧問料の相場の1/3〜1/5の【月額1万円】にて、顧問弁護士と契約できます。

また顧問料1万円であっても、法律相談や契約書チェックなどの業務を依頼することができる「ちゃんと使える顧問契約」であることが特色です。

ぜひ、一人でも多くの経営者様に顧問弁護士をご活用いただき、困った時の不安解消・問題解決にお役立ていただければと存じます。

\ 下記のページもご覧ください /

弁護士 無料紹介お申込みは 電話かフォームで!

経営者の皆様、お気軽にお電話ください。じっくりお話を伺い、適切な弁護士をご紹介します。03-6679-2076

webフォームで紹介申込み

\弁護士全員が顧問料1万円/

顧問弁護士 無料紹介お申込み

一度に2名までご紹介
翌営業日までにプロフご提示
弁護士自己紹介】を見て指名可能
弁護士面談はZoomや電話も可能、全国のお客様ご利用OK

LINEで問合せ

LINE友だち追加

LINE登録で、オリジナル【弁護士面談に役立つチェックリスト】無料プレゼント

webフォームで問合せ

フォームで問合せ

よくあるご質問】もご覧ください。

資料のご請求

●当会の事業案内
●弁護士との顧問契約後の料金体系

を下記ページからダウンロードできます。

資料のダウンロードページ

2016年5月27日

ږٌmЉ\݂͂
..