どうして弁護士になったのか(A弁護士、男性)
こんにちは。
L.A.P.中小企業顧問弁護士の会 弁護士のAです。
 
 「なぜ弁護士になろうと思ったのですか?」とたまに聞かれることがあります。
実は、自分でも正確なところはわからないのです。
何となくというのが一番本当のところかもしれません。
 
 ただ、それではあまりに芸がないので、こう言うことにしてます。

自分は中小企業の経営者の息子でした。子供の頃の遊び場も会社の事務所でしたし、晩御飯のときも両親は会社の話ばかりをしていました。そうした環境から、会社勤めも大変だし、父のような経営者はもっと大変だな、そうであれば、専門家がいいのではないか

 いつしかそんな思いから、特に、文科系の専門職である弁護士を目指すようになったのです。

 この説明も全く間違いではないのですが、本当のところは、弁護士の仕事は自由度が高そうで、自分の未来が大きく開けるような気がしたからです。

 また、高校生の頃、社会の矛盾や不条理といった点に少しずつ目が向いてくると、弁護士の役割というものが何だかとても大きいものに思えてきて、たまたま大学で、司法試験の勉強を始めた兄の姿に触発されて、この道に進もうと思いました。

 こうした話をすると、次に、「では、弁護士になって現実はどうでしたか?」と聞かれることが稀にあります。
大抵は苦笑いでごまかしますが、正直なところ、後悔はありません。

 17歳のときに思っていた弁護士の仕事とはかなり違っていましたが、これはこれで有意義な人生だと思っています。

 何と言っても、依頼者からお金をいただきながら、ありがとうございましたとお礼を言ってもらえる仕事はそうはありませんから。

 今度生まれ変わったらもう一度弁護士をやりますか?・・・。
うーん、難しいですね。

 むしろ、この質問に答えるためには、もう一度司法試験に合格するという難題をクリアしなければなりません。

 司法試験に合格できたのは奇跡でした。
つくづく、自分は運がいいなと思っています。
もう一度受験するかって?・・・一日考えさせてください・・・

 

A弁護士(男性)の他のブログ記事・プロフィールはこちら

弁護士Aのブログ記事の一覧はこちら
「順次、記事を書いて参りますのでぜひご覧ください!」

弁護士Aのプロフィールはこちら
「ふきだし部分クリックでプロフィールをご覧いただけます」