お知らせ

弁護士との面談方法について

2021年12月13日

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会は、「月額1万円の顧問弁護士」を 無料紹介しておりますが、弁護士との<ご契約前の面談方法>と、<ご契約後の相談方法>に若干違いがございますのでご案内いたします。

弁護士との<契約前>面談の方法

弁護士とのご契約前に下記いずれかの方法でご面談いただくようにしております。

  • 対面面談
  • オンライン面談(Zoom、Teams等)
  • 電話面談

対面面談(都内、関東圏の方)

弁護士との打ち合わせ、信頼関係
弁護士事務所にお越しの上、最大1時間、弁護士とお話しいただきます。
会って相性を確認したい」「込み入った内容の法律相談をしたい」お客様にお勧めです。コロナ下では対応していない弁護士もおります。

おすすめ度:★★★

オンライン面談(Zoom、Teams)

リモートワーク
ZoomやTeams等でのオンライン面談を希望する方が8割を超えています。日本全国の会社様にご利用いただける便利な面談方法。またFacetimeやGoogleMeetに対応する弁護士もおります。

おすすめ度:★★★

電話面談(全国のお客様)

弁護士への相談
電話面談は事前準備のいらない気軽な方法ですが、お客様も弁護士も得られる情報量がどうしても限られてしまいますので、可能であればオンラインや対面をお勧めいたします。

おすすめ度:★★

・オンラインと電話は、一部非対応の者がおります。
・オンライン面談用のURLは、Zoomの場合は原則弁護士が発行いたします。それ以外の面談方法の場合、お客様に発行をお願いすることがございます。
「初回の有償法律相談」が「実質無償」になる制度がございます。ご活用ください。
・ご面談後、双方合意の上でご契約となります。

なお、当会からご紹介する弁護士は東京都内に事務所がある者ですが、契約前面談はオンラインや電話でも可能なため、全国のお客様にご利用いただいております

▷参考記事:「地方の会社経営者はなぜ東京で顧問弁護士を探すのか

また、オンラインでのビジネス面談が一般化したことから、東京都や関東圏のお客様であっても、契約前面談に「オンライン」を希望される方が増え、8割以上の方がオンライン面談されています

<契約後>の相談方法について

一方、弁護士との顧問契約後は、下記のご相談方法に対応しております。

  • 対面相談
  • メール相談
  • オンライン相談(Zoom、Skype、Teams)
  • 電話相談

また、一部の弁護士は「ビジネスチャット」でのご相談に対応している者もおります。

各弁護士がどのような面談方法に対応しているかは、弁護士各自の「弁護士自己紹介ページ」から「各自の詳しいプロフィール」をご参照くださいませ。

弁護士自己紹介ページ

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会からご紹介する弁護士自己紹介ページ

 

-お知らせ

ږٌmЉ\݂͂
..