地方の会社経営者はなぜ東京で顧問弁護士を探すのか
こんにちは!
L.A.P.中小企業顧問弁護士の会 
事務局・中川のブログです。

実は、当会がご紹介できるのは
東京の弁護士だけなのです。

にもかかわらず
地方の会社経営者様から
「顧問弁護士を紹介してほしい」

とのご要望を少なからずいただきます。

現に、北は北海道から南は九州まで
お客様に弁護士をご紹介した実績があり、
顧問契約されているお客様も
多くはありませんがいらっしゃいます。

では、なぜ地方の会社経営者は、
東京で顧問弁護士を探されるのでしょうか?

その背景について、
実例を元にお伝えしたいと思います。

地方の会社経営者はなぜ東京で顧問弁護士を探すのか

1.顧問料1万円をかかげる法律事務所が地元にない

やはり顧問料が1万円であることは
中小企業経営者にとっては大きな魅力、
顧問料は出せても1万円と思っているのですが、
地元の弁護士さんにはそういう方がいなくて。。。

というお声をよく伺います。

東京や大阪などの大都市圏なら
弁護士が大勢いますから、
月額1万円程度の格安顧問料の
弁護士を見つけようと思えば見つかりますが、

地方では競争が大都市圏ほど熾烈ではありませんし
そのような料金設定をする弁護士は
ほとんどいないようです。
a

2.ふだんはメールや電話相談でOK(弁護士と頻繁に会わなくてもOK)と考えている

顧問料がいくら安くても
「毎回弁護士と会って話をしたい」
のでしたら、経営者が頻繁に上京されない限り
実現が難しいですよね。

しかし、
困った時にメールなどでちょっと相談してみたい」
「毎回会う必要はない」
「顧問弁護士を持つことによって安心感を得たい

とお考えの経営者の中には、
弁護士との物理的距離はあまり気にされない方も多いのです。
a

3.トラブルの相手方に地元の有力弁護士がついている

「取引先とトラブルになったんですが、
相手方の弁護士が地元の有力弁護士でして、
ウチは太刀打ちできるどうやって弁護士を探そうかと。
結局は"違う場所の弁護士、どうせなら東京の弁護士"

というところに落ち着いたんです」

と、こんなふうにおっしゃる経営者も
たまにいらっしゃいます。

実は、
弁護士の数は東京が圧倒的に多いのです。

東京には3つの弁護士会がありますが、
登録している弁護士の合計は18,000名以上、

一方、地方は事情が異なりまして、
弁護士数が100名未満の弁護士会は8つもあります。
(弁護士会は各府県に1つ、北海道は4つ、データは「弁護士白書2017年」より)

しがらみのなさを求めて、
弁護士の数が多い東京の弁護士を選ぶ
というわけです。
a

。。。。。。。。。。。。。。。。。

上記以外にも
東京の弁護士を選んだ理由として

「出張などで東京に行く機会があり、その日に対面面談すればよいから」

「東京の弁護士は地方に比べて競争が激しく、切磋琢磨しているから」

というお話を伺うこともあります。

このように様々な理由から
東京の弁護士を選ぶ地方の経営者は
多くいらっしゃいます。

でも、顧問料の安さだけで顧問弁護士を選ばないで

もちろん、
顧問料1万円という安さだけに惹かれて
顧問契約されることはお勧めしません。

相性の合う弁護士と長くおつきあいいただき
真にお役立ていただくためには、
貴社に「合う」弁護士を顧問弁護士にしないと
意味がありません。

そのためには、

*弁護士との初回面談は
可能な限り対面で行い相性を確かめる

*契約して終わり、ではなく
何かあればメールや電話で相談し
コミュニケーションをとることで関係性を深める

ことが大切です。

また、地元の弁護士と東京の弁護士と
両方に会ってみて
どちらがご自分に合うかを
検討されるのもよいでしょう。

地方の経営者様、
このように東京の弁護士を顧問弁護士に選ぶ、
という選択肢
もございます。

よろしければぜひご検討くださいね。