E弁護士ブログ(40代男性、@新宿御苑)

顧問弁護士との「相性」って具体的にどういうこと?

2021年12月15日

弁護士とお客様との信頼関係

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会弁護士のEです。

今回は、顧問弁護士との「相性」についてお話ししたいと思います。

 

顧問弁護士は、会社様の経営上のパートナー

弁護士登録をしてそろそろ10年目になるのですが、その間、一貫して企業のお客様向けリーガルサービスを提供させていただいており、大変有難いことに、私の年次にしてはかなり多いのでは?という数の企業様から、顧問契約も頂戴しております。

そんなわけで、少しだけ調子に乗ったことを言わせていただくと、企業の顧問弁護士というのは、企業の経営者様や担当者様と信頼関係を築き、折に触れ、御相談を頂く立場であり、顧問先会社様の経営上のパートナーだと考えています。

事務局ブログでも以前触れていた と思いますが、顧問弁護士を選んでいただくうえで絶対的に重要なのは、一にも二にも「相性」です。
(事務局コラム「弁護士とは一度も出会ったことすらない経営者必見!自社に合った顧問弁護士選びとは?)

 

顧問弁護士との相性とは何か?

「相性」を別の言葉で言い換えるならば、経営者様にとっては「この弁護士だったら悩み事を包み隠さず話せる」「この弁護士のいうことは聞いた方がいいと思える」ということだと思います。

一方、顧問弁護士にとっては「このケースでの社長の対応は、良し悪しは別として共感できる」「この方の相談には頑張って対応しようと思える」ということだと思います。

相性の合わない弁護士を顧問に迎えても、相談事にピントのあった回答は得られず、その会社様にとっていいことはありません。L.A.P.中小企業顧問弁護士の会が、契約前に2名の弁護士と面談できるようにしているのも、このためです。

ですから私は、契約を前提に初回面談に来られた方でも、明らかに相性が合わないと思った方には、「私とは合わないので契約しない方がいいと思う」とはっきりお伝えするようにしております。

歩みを進めるための靴を購入されても、ご自分の足に合わなければ何の意味もありません。

同じように、弁護士と契約されるなら、是非、相性の合う弁護士をお選び下さい。

(了)

記事を執筆したE弁護士プロフィールと他の記事

\ 落ち着きある若手、頼もしい! /

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会よりご紹介するE弁護士
E弁護士・40代男性・新宿区

新宿区にて開業中の40代男性・E弁護士。上智大学卒。
弁護士より:『些細と思うことでもお一人で抱え込まず、御社の"かかりつけ弁護士"としてお気軽にご相談を』

E弁護士プロフィール
E弁護士ブログ記事
▷ブログ記事は【弁護士ご指名】時のご参考に!

\ 下記のページもご覧ください /

顧問弁護士の無料紹介はこちら

こんな弁護士をご紹介 指名OK!

   ✔︎ 気さくで話しやすい
   ✔︎ 親身で的確なアドバイス
   ✔︎ この人なら信頼できる

弁護士自己紹介」ページ
お客様の声」ご参照!

\ 顧問料1万円 /
顧問弁護士
紹介お申込み

顧問弁護士 無料紹介 申込み

一度に2名までご紹介
&全国の会社様ご利用OK!

-E弁護士ブログ(40代男性、@新宿御苑)