事務局ブログ【中小企業顧問弁護士ガイド】

中小企業経営者は、顧問弁護士にこんな条件を求めている!

2018年2月1日

弁護士との打ち合わせ風景

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会 事務局ブログです。

当会の弁護士は、お客様から「話しやすい」「親身になってくれる」とご評価いただくことが多いのですが、弁護士の経歴やタイプはいろいろですし、お客様が弁護士に求めるものも本当に様々です。


たとえば、

「若い弁護士がいい」 vs 「ベテラン弁護士がいい」


「フランクな弁護士がいい」 vs 「頼もしい感じがいい」

等、いろんなご要望があるものです。

そこで今まで実際にあった
顧問弁護士に対するお客様からのご要望の実例】をお話したいと思います。

 

弁護士の年齢

・自分と近い人がいい

・すごく年上がいい


・30代の若手がいい etc...

自分(経営者)と同年代」を指名される方が多いので、結果として40代の弁護士が人気があります。

また「30代の若手」を希望される方は、「フットワークの良さを期待している」というお話をよく伺います(2022年1月現在、30代の弁護士は在籍しておりません。申し訳ありません)。

一方、「60代、70代の弁護士は避けたい」というお話も耳にします。
「近寄りづらい」「最新の判例などにアップデイトしていないのでは?」という印象をお持ちのようです。
(当会には70代の弁護士はおりません)

弁護士の性別


・50%程度の方が「性別はこだわらない」

・40%程度が「男性」弁護士を希望


・10%程度が「女性」弁護士を希望

男性経営者だから男性弁護士、女性経営者だから女性弁護士を指名されるとは限りません。

経営者ご本人が「話しやすい」と思われる性別の弁護士を選択されているようです。

 

弁護士事務所の沿線(都内のみ)

・
こだわらない派が90%


「こだわらない方」の割合は、ここ2〜3年で格段に増えました。
Zoomなどのオンライン面談が普及したことで、弁護士に相談したいことがあるときにどうしても弁護士事務所に行かなければならない訳ではなくなりましたし、そもそも「ふだんはメール相談が主」な方はこだわらない傾向がありました。

一方、こだわる方は、「せめて同一沿線上であってほしい」とお思いです。
そういう方は、距離的に遠いとそれが心理的な遠さにつながってしまうとお感じのようです。

 

弁護士のタイプ
(性格)

・話しやすい、親身になってくれる、フランク、優しい、楽しい、頼もしい、落ち着きがある、冷静、フットワークがいい、テキパキ、交渉上手、

このようにいろいろなご要望をお伺いしますが、「話しやすい」「親身になってくれる」弁護士というご要望は大変多いです。

「弁護士は縁が遠い存在で、話しかけづらそうな人種」というお気持ちが、経営者の心のどこかにあるのだと思います。

 

弁護士の対応

たとえば、


分からないことを根気強く教えてくれる


・メールの返信が早い、対応が早い


・電話相談がメインなので電話しやすい雰囲気の弁護士


・土日や夜間も極力対応可能


・地方(東京以外)の会社も対応可能 

などのご要望をよく伺います。

この中の「根気強く教えてくれる」というのは、ちょっとした弁護士不信の表れかもしれません。

過去に相談した弁護士がそういうお気持ちにさせてしまっているようです。
たとえば「専門用語ばかりで話がよく分からなかった」「分からないことを訊くとめんどくさそうに対応された」等、弁護士に苦い経験をお持ちの方は「根気強い丁寧な説明」を希望されます。

また、「連絡や対応が早い」というのも、過去に弁護士とやりとりした経験がある方に多いです。

たとえば、電話をして不在だったので折り返し電話を依頼したが電話がないとか、依頼した契約書チェックを何週間も放置された経験がある、とか今までの弁護士の対応がまずかった方は「対応の早さ」をお求めです。

なお「地方(東京以外)の会社も対応可能」については、当会はお客様の会社所在地は問いません。
上述のように弁護士は契約前面談において「オンライン」や「電話」にも対応しており(一部を除く)、その後、双方合意の上顧問契約ができますので、「どうしても実際に会って顧問契約したい」というお客様でなければ、顧問料が手頃な当会をご利用いただくケースが多いです。

 

弁護士の得意分野


得意な業界、得意な案件分野、等をご指定される方が多いですね。

特にIT企業様は、「ITに強い弁護士」を望まれることが大変多いです。

 


弁護士の出身大学、出身地、体格、趣味、等

このような様々なご指定される方もたまにいらっしゃいます。

たとえば「自動車関連の会社さんが車好きの弁護士」を指名されたり、「健康食品を扱う会社さんが標準体型の弁護士」を希望されたりということが過去にありました。

他にも「**大学出身の弁護士限定」とか「九州地方出身の弁護士がいい」など、本当にご要望はいろいろあります。

 


いかがでしたでしょうか?

このように、経営者の皆様は顧問弁護士に対して様々なご要望をお持ちです。

もし貴社にも「こんな弁護士だったらいいな」というご要望がおありでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。

なるべくご要望に合った弁護士を紹介させていただきます。
(了)

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会・事務局ブログ他の記事

\ 中小企業経営者の顧問弁護士選びのお手伝い/

事務局スタッフ・中川
中小企業に顧問弁護士をご紹介して12年、この間、経営者と弁護士の間をとりもつと共に、経営者の皆様に向けて「顧問弁護士の選び方」や「活用方法」「顧問弁護士とのつきあい方」をお伝えするブログを書いております。

事務局ブログ記事一覧はこちら

\ 下記のページもご覧ください /

顧問弁護士の無料紹介はこちら

こんな弁護士をご紹介 指名OK!

   ✔︎ 気さくで話しやすい
   ✔︎ 親身で的確なアドバイス
   ✔︎ この人なら信頼できる

弁護士自己紹介」ページ
お客様の声」ご参照!

\ 顧問料1万円 /
顧問弁護士
紹介お申込み

顧問弁護士 無料紹介 申込み

一度に2名までご紹介
&全国の会社様ご利用OK!

-事務局ブログ【中小企業顧問弁護士ガイド】

..