偏見と現代アート(A弁護士、男性)
こんにちは。L.A.P.中小企業顧問弁護士の会弁護士Aです。

 先日、知り合いの画商に誘われて香港のArt Baselという現代アートの巨大フェアに行ってきました
 
 元々美術好きの私
ですが、専ら日本の中世美術を溺愛していまして、現代アートとなると江東区の東京都現代美術館に1回行った程度というあまり自慢できない経歴しかありません。

偏見と現代アート(A弁護士、男性)

 聞くところによるとArt Baselというのは、スイスのバーゼルで毎年開催される巨大な美術フェアで現代美術の第一線の巨匠達の作品が沢山集められ、世界の美術商達の晴れの舞台なのだそうです。

 それが今や購買力の高い中国を睨み、香港でも何年か前から開催されるようになったのだそうです。

 現代アートというと取っ付き難い、何だか分からないというのが一般的なイメージだと思います。
実際、私もそうなのです。

 何だかよく分からない映像を30分見せられて、ため息をついて映写室から出た経験や、巨大な造形物を見上げて首を傾げた経験等、それこそ、多くの方々と同じ思いをしています。

 今回、初めてArt Basel香港に誘われた時も正直少し躊躇いました。
自分にとって縁遠い現代アートをわざわざ香港まで見に行く必要があるのかと思ったのです。しかも、年度末の3月の平日に休みを取るというのは中々勇気のいることでした。

 しかし、待てよ、自分はいつも偏見を持たないこと予断を持って何かを決めつけるようなことはするまいと心掛けて弁護士の仕事をしてきたつもりです。

 そうであればここは取っ付き難い現代アートやらも一度全てを通観しておいて損はないのではないか、と考えて香港まで行ってきました。

 会場はとにかく巨大で数千を超える作品が展示されています。

 現代アートですから、いわゆる絵画、彫刻といったようなものだけではありません。訳の分からない(?)布でできたオブジェとか、何でできているか分からない人の背丈ほどもある人間の頭の彫刻(しかも、とても薄っぺらい!)等どれ一つとっても常識的に居間の壁に飾るような作品はありません。

 しかし、会場を歩き回って気付いたことがあります。
それは、多くの人達(その多くは観光客ではなく、香港在住の現地の皆さんです)が沢山歩き回って楽しそうに作品を見ています

 こうした人達がごく自然なかたちで会場に乗り込んできて写真を撮り、話し合い、楽しそうに見て回っていたのでした。

 そこには現代アートは分かりにくいとか高尚すぎて自分には無理といったような固定観念とは無縁の多くの人達のいることを痛感しました

 私自身の感想として一言で言えばとても楽しかったです。世界の最先端の現代アートを何千と見ることができたのはとても衝撃的な体験でした。

 同時に偏見・予断を持たないで素直に対象物に向き合う大切さも学んだ気がします