こんにちは。
L.A.P.中小企業顧問弁護士の会
事務局・中川のブログです。

顧問契約したら
顧問弁護士名を会社のHPなどに掲載できますか?

顧問弁護士を検討されているお客様から、
大変多くいただくご質問です。

このブログをお読みの経営者様も
顧問弁護士の名前をHPやパンフに記載できたらな
と思ったことはありませんか?

顧問弁護士名をHP等に掲載したいという声は大きい

私はそのようなお問合せには
なぜ顧問弁護士名を記載したいと思われるのですか?
と伺うようにしています。

すると、ほとんどのお客様が
下記のような意図があるとおっしゃいます。

(1)顧問弁護士がいるきちんとした会社だと印象づけたい

(2)取引先をある意味”牽制”して、トラブルを未然に防ぎたい

(1)に関しては、
確かに顧問弁護士がいるような会社は
コンプライアンスの意識が高い、という印象を与えます。

特に開業間もない会社にとっては
信用度UPという効果も期待できそうです。

また、(2)の「取引先の牽制」を重視する、
という声はとても大きいです。

仮に会社間でなんらかのトラブルが起きれば
顧問弁護士がだまってはいませんから、

「取引先に無理難題を言われたくない」

「取引先に”この会社への対応は気をつけよう”と思わせたい」

のでしたら、大きな効果があるでしょう。

このように、ただ「顧問弁護士名を掲載するだけ」で
さまざまな効果を見込むことができるのです。

a

顧問弁護士探し・選びのベストなタイミングとは?
a

顧問弁護士は何のために依頼する?

しかし、それだけでよいのでしょうか?

見かけ上の信用度を増し
対外的に牽制をする、
それだけでよいのでしょうか。

せっかく顧問料を毎月支払って
顧問弁護士を依頼するのですから

名実ともに信用度を増し、
何かトラブルがあったときに
きちんと顧問弁護士が機能する

そんな顧問弁護士との関係性を手に入れませんか?

たまに

「ウチは契約書チェックなどほとんどは社内で処理できるから
顧問弁護士名をHPに掲載できるだけでいいんです」

とおっしゃる経営者がいます。

何も問題がないときはそれでいいのですが、
実際に問題が起きたときにはじめて
急に顧問弁護士に相談しても

弁護士との関係性があまり築けていないと、
つまり、貴社の状況や経営者の考え方を
弁護士が十分に理解できていなかったら、
せっかくの弁護士のアドバイスも
通り一遍のものになってしまいがちです。

もし「貴社だからこそ」のアドバイス、
つまりネット検索では決して得られない
今までの経緯や貴社の実情をふまえた
「オーダーメイド」のアドバイスを得たいならば、

ふだんから2〜3ヶ月に一度でも良いので
顧問弁護士と定期的にお話されることをお勧めします。

内容は、
もちろん契約書のチェックや
取引先とのトラブルの相談でもいいですし、
なんでも良いのです。

次のような法律相談とは言えないような内容でも

・まだ誰にも話していない新規事業のアイディア・・・

・ちょっとパワハラ傾向のある社員がいて・・・

・取引先から業界のこんな噂を聞いたのだけど・・・

etc…

何でも良いのです。

もしかすると経営者のお話の中に
弁護士からすると「トラブルの芽」がひそんでいて
適切なアドバイスが得られるかもしれません。

また、弁護士と定期的に話すことで
貴社の状況や経営者の考え方を
弁護士に理解してもらういい機会にもなります。

「顧問弁護士名をHPに記載できればいい」
という考え方だけではもったいなさすぎます!

ぜひ定期的に弁護士と対話することで
名実ともに顧問弁護士を活用していただければと思います。

a

<顧問弁護士名のHPやパンフレット等への掲載について>

当会は、「こういうルールで運用しています」と一律に定めてはおりませんので、ご紹介した弁護士との契約前面談の際に、弁護士に直接ご相談ください。

なお弁護士から聞いている話では、「顧問契約後、一定期間経過したのちにお申し出があれば検討させていただく」というスタンスの者が多いようです。

a

ブログ【中小企業顧問弁護士ガイド】とは?

顧問料1万円で契約可能!
中小企業の企業法務に詳しい弁護士を無料で紹介する「L.A.P.中小企業顧問弁護士の会」事務局ブログです。

顧問弁護士を企業経営にどう役立てるか」や「顧問弁護士をどう選べばいいのか」など、中小企業経営者の顧問弁護士に関する疑問にお答えする記事をお届けします。

執筆者は、中小企業経営者と弁護士の間をとりもつ事務局。
事務局経験10年以上の経験をもとに書いています。