L.A.P.中小企業顧問弁護士の会弁護士のBです。

今回は、「中小企業経営者からのご相談を受ける際、心がけていること」についてお話したいと思います。

中小企業経営者の方は、寝ても覚めても会社のこと、従業員のこと、取引先のことなど、仕事のことばかり考えていらっしゃるのではないかと思います。

そうした中で、弁護士に相談したいようなトラブル(もしくはその予兆)が発生した場合に、まず、できるだけ早く相談したいと思われることでしょう。

そのため、私は顧問先の経営者からのご相談を頂戴し、面談を希望される場合には、最優先でスケジュールを調整し、可能な限り早く面談することを心掛けています(場合によっては土日祝日も対応させていただいています)。

また、メールでご相談いただいた場合には、基本的にはその日のうちに返答することを旨としています(調査に時間がかかる場合及び出張中の場合を除く)。

なお、当日にメール返信できない場合には、いつまでに回答できるかを返信することにしています。

さらに、電話でご相談いただいた場合で、私が事務所を不在にしている場合には、出来る限り早く架け直すことにしています。

このように、中小企業経営者の方に、一刻も早くご安心いただけるように対応することを常に心がけています。

現在の顧問先の中小企業経営者の方も、私のレスポンスの速さに驚かれ、とても喜んでいただいています。

なお、ご相談いただいた場合、即答できるご質問にはその場で即答しますが、そうでない場合には判例などを調査するお時間をいただくことがあります。

早急に回答したいのは山々ですが、回答に専門家としての正確性を期すことが大切だと考えるからです。

 

B弁護士(男性)の他のブログ記事・プロフィールはこちら

弁護士Bのブログ記事の一覧はこちら
「順次、記事を書いて参りますのでぜひご覧ください!」

弁護士Bのプロフィールはこちら
「ふきだし部分クリックでプロフィールをご覧いただけます」