経営者の皆様、御社のペーパーレス化、捗っていますか?

申し遅れました。L.A.P.中小企業顧問弁護士の会弁護士のEです。

世間では、かなり前から仕事のペーパーレス化が叫ばれていますね。
コロナ禍でテレワークが推進された結果、世の中のペーパーレス化はまた一段と進んだのではないかと思います。

弁護士業務ペーパーレス化への遠い道のり
 

業務の効率化、とりわけデジタル化には大賛成なのですが、私の業務処理は全くペーパーレス化が進んでいません

その理由はいくつかあります。
裁判が紙の書類で行われるというのも大きな理由なのですが、最大の理由は、紙の書類でないと、一覧性が確保できないという点にあります。

契約上のトラブルを理由とした裁判において、こちらの言い分をまとめた書面を裁判所に提出するケースを例にしますと、書面をつくる際には、

①紛争の相手方とはどんな取り決めだったのか
②何がトラブルの原因になったのか
③事実関係について、依頼者はどう認識しているのか
④相手方の言い分はどんな内容なのか
⑤言い分が食い違っている部分はどこか
⑥それぞれの言い分について、証拠はあるのか
⑦争いになっている部分について、法律や判例はどんな考え方をしているのか

といったことを考えながら書面を作ることになります。

そうすると、大体のケースで、

①先方との契約書
②依頼者に送ってもらった成果物の写真
③依頼者からのメールやヒヤリングのメモ
④相手方が裁判所に提出した書類
⑤争点に関する自分の整理メモ
⑥相手方とのメールやファックスのやりとり
⑦六法や判例集

あたりを同時並行で参照しながら作業を進めることになります。

仕事を進めるには、これらの資料それぞれを一覧できるかたちで俎上に乗せる必要があるのですが、現状では「それぞれを紙のかたちで印刷して、会議用の大きなテーブルに並べて作業をする」というのが、結局、一番効率的なのです。

少し前に仕事用のメインPCを買い替えた際、ディスプレイをかなり大きなものにし「これでウチもペーパーレスだ」とほくそ笑んだのですが、現在は「机より大きな作業台など存在しないのだよ」という悟りの境地に至っております。

というわけで弊所のペーパーレス化は遅々として進んでおりません。

地球環境を考えれば忌むべき仕事術なのかもしれませんが、良い書面を作って裁判に勝てれば弊所のお客様には優しい結論となりますので、どうかご理解ください。

 

E弁護士(男性)の他のブログ記事・プロフィールはこちら


弁護士Eのブログ記事の一覧はこちら

a
弁護士Eのプロフィールはこちら
「ふきだし部分」クリックでプロフィールをご覧いただけます。

こんな問題も相談できる!」や「気になる料金は?」等、中小企業経営者と日々接しアドバイスを続ける第一線の顧問弁護士の生の声をお届け。

「順次、記事を書いて参ります。ぜひ、顧問弁護士ご指名時の参考になさってください!」

 

【 L.A.P.中小企業顧問弁護士の会】とは?

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会」は、中小企業に顧問弁護士を無料でご紹介!


顧問料はなんと1万円!

月額1万円で、毎月2時間までの法律相談が可能

オンラインや電話面談後、契約可能な弁護士も

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会のサービス概要はこちら
【1ページ完結!月額1万円の顧問弁護士サービスのご案内】

【困ったとき顧問弁護士にすぐに相談できる安心感】を月額1万円でかなえませんか。

a

◆顧問弁護士 無料紹介はこちらから! 翌営業日に弁護士プロフをご案内
顧問弁護士お申込みフォーム

a