こんにちは。L.A.P.中小企業顧問弁護士の会弁護士のDです。いつもブログを読んでいただきましてありがとうございます。

私は、社会人になってから、常々、仕事をしているときが一番充実していると感じていたので、趣味らしい趣味がありませんでした(「日々思うこと—私の人生考—」を参照)。

しかし、2020年には趣味に関して大きな変化がありました。

2020年の新型コロナウイルス感染拡大に伴いテレワークを導入した結果、生み出された通勤時間相当分を、自分のための時間として使おうと考えて、音楽を楽しむようになったのです。

振り返れば、私の生活の中にはいつも音楽がありました(エレクトーン、ピアノ、合唱団での歌唱、ギター等)。

とりわけ、高校時代はギターを弾いていたため(エレキギターではなくクラッシックギターでしたが)、当時、洋楽のロックバンドの音楽を好んで聴いていました。
ただ、社会人になってからは、仕事に追われ、音楽を聴く時間があまり取れなくなっていました。

こうした中、2020年以後は、再び、音楽(特にロックバンド)を聴くようになり、音楽を楽しんでいます。
 


 
ここで、音楽にかかわる法律に簡単に触れてみたいと思います。

最も音楽にかかわりのある法律としては著作権法があります。
音楽作品(歌詞や楽曲)は著作物の一つとされており著作権法の保護を受けます。

たとえば、音楽作品が創作された場合、作詞者や作曲者は、著作権法上、著作権及び著作者人格権を有することになります。

また、音楽CDを制作、販売する場合、演奏したアーティスト(「実演家」)やレコード会社(「レコード製作者」)は、著作権法上、著作隣接権や二次使用料・報酬請求権を有することになります。

音楽作品の創作、CD制作及び販売においては、作詞者、作曲者、アーティスト、所属プロダクション及び音楽出版社、レコード会社等複数の者が関与しています。

そのため、これらの関係者間では、契約で権利の調整を図り、収益(印税等)の配分を定めています。

また、レコード会社によるCD販売のほか、テレビ番組、カラオケ業者、レンタルショップ等において音楽作品が使用される場合、一般的に、著作権管理事業者(たとえば一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)。作詞者、作曲者、音楽出版者から著作権の管理委託を受けている事業者)が、利用者から著作権使用料を徴収し、権利者に分配する業務を担っています(非営利目的等の一定の利用を除く)。

このように、音楽作品には、様々な人の権利が絡み、権利調整がなされているのです。

最近はCDよりも、音楽配信で音楽を楽しむ人が増える等、音楽業界は様変わりしてきていますが、私の仕事の中には、音楽関連の仕事(クラッシック音楽から洋楽まで)もあり、音楽好きの私としては大変有り難く思いながら携わっています。

これからも、様々な音楽を楽しみながら、音楽業界の変化に対応し、音楽業界の仕事をサポートできればと思っています。
 

D弁護士(女性)の他のブログ記事・プロフィールはこちら

弁護士Dのブログ記事の一覧はこちら

こんな問題も相談できる!」や「気になる料金は?」等、中小企業経営者と日々接しアドバイスを続ける第一線の顧問弁護士の生の声をお届け。

「順次、記事を書いて参ります。ぜひ、顧問弁護士ご指名時の参考になさってください!」

弁護士Dのプロフィールはこちら
「ふきだし部分」クリックでプロフィールが見られます。
 

【 L.A.P.中小企業顧問弁護士の会】とは?

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会」は、中小企業に顧問弁護士を無料でご紹介!


顧問料はなんと1万円!

月額1万円で、毎月2時間までの法律相談が可能

オンラインや電話面談後、契約可能な弁護士も

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会のサービス概要はこちら
【1ページ完結!月額1万円の顧問弁護士サービスのご案内】

【困ったとき顧問弁護士にすぐに相談できる安心感】を月額1万円でかなえませんか。

a

◆顧問弁護士 無料紹介はこちらから! 翌営業日に弁護士プロフをご案内
顧問弁護士お申込みフォーム

a