こんにちは。
L.A.P.中小企業顧問弁護士の会弁護士のDです。
いつもブログを読んでいただきましてありがとうございます。

今回は契約書締結の重要性について書いてみたいと思います。

日頃の企業活動には、日常の小さな取引から大きな取引まで各種取引があり、この中には契約書を締結せずに取引が行われるものもあると思われます。

たとえば、口頭で依頼されて、口頭で了解して取引する場合だったり、発注書と受注書のやりとりで取引をする場合です。

このような「口約束」又は「発注書と受注書」による取引の場合、契約は成立しているのでしょうか。

答えは、いずれの場合でも、契約は有効に成立しています。(*注)

しかし、このような方法による場合、契約が有効に成立したのか、またどのような内容の契約が成立しているのかは不明瞭であるため、後日争いに発展するケースもあります。

たとえば、以下のようなケースです。

(1)口頭合意の場合
言った(申し込んだ)、言わない(その申し込みを受諾していない)といって、そもそも契約の成立について争いになるケースや、双方の認識する合意内容が相違しているケース。

(2)発注書及び受注書による取引で
当該取引のもとになる基本取引契約の締結がない場合、
発注書等には「○○商品一式」「○○業務一式」との記載があるだけの場合、双方の認識する商品・業務内容が相違しているケース。

(1)及び(2)のケースでは、当該契約内容について意見の食い違いが生じても、契約書等の確たる証拠がないので、契約の成立そのものについて、また合意内容を証明することが困難です。

一方、契約書を作成していれば、当事者の合意内容が明確になります。

また、契約書では、相手方の代金の不払、債務不履行、不測の事態が生じた場合の所定の取引ルールが定められるため、万一、このような事態が発生した場合でも契約書に則った解決ができます。

そうはいっても、契約書を締結するには手間暇がかかりますので、時間がなく、業務にすぐに着手せざるを得ない急ぎの案件もあるでしょう。

このような場合には、業務着手後でもやむを得ませんので、速やかに契約書を作成しましょう

このときに問題になるのは「契約締結日」ですが、下記のいずれかの方法で相手方と合意を得ることが考えられます。

①契約締結日は実際に締結した日に設定し、
契約書の有効期間の開始日を業務の着手日までさかのぼらせる

又は

②契約締結日そのものを当該業務の着手日までさかのぼらせる

どちらがよりふさわしいかと言いますと、②の方法より①の方法です。
なぜなら、実際の契約書の締結日を記載することが事実に合致する内容であり、望ましいと考えるからです。
 
当事務所は、様々な内容の取引に関する、簡単な契約書から複雑な契約書まで、その作成及びリーガルチェックを承っています。
英文契約書にも対応可能です。

新たな取引の開始により契約書が必要になった際は、いつでもご相談ください。

(*注)契約類型によっては、書面が要求されるものもあります(たとえば保証契約)。民法446条2項:保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。
 

D弁護士(女性)の他のブログ記事・プロフィールはこちら

弁護士Dのブログ記事の一覧はこちら

こんな問題も相談できる!」や「気になる料金は?」等、中小企業経営者と日々接しアドバイスを続ける第一線の顧問弁護士の生の声をお届け。

「順次、記事を書いて参ります。ぜひ、顧問弁護士ご指名時の参考になさってください!」

弁護士Dのプロフィールはこちら
「ふきだし部分」クリックでプロフィールが見られます。

【 L.A.P.中小企業顧問弁護士の会】とは?

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会」は、中小企業に顧問弁護士を無料でご紹介!


顧問料はなんと1万円!

月額1万円で、毎月2時間までの法律相談が可能

オンラインや電話面談後、契約可能な弁護士も

L.A.P.中小企業顧問弁護士の会のサービス概要はこちら
【1ページ完結!月額1万円の顧問弁護士サービスのご案内】

【困ったとき顧問弁護士にすぐに相談できる安心感】を月額1万円でかなえませんか。

◆顧問弁護士 無料紹介はこちらから! 翌営業日に弁護士プロフをご案内
顧問弁護士お申込みフォーム